光脱毛(フラッシュ脱毛)はミュゼのSSC脱毛や銀座カラーのIPL脱毛のように々な呼び方があり、各々光の種類や手順などに違いはあれど基本的な仕組みは同じとされています。勿論、これは家庭用の光脱毛器であっても同じです。

光脱毛には、黒やこげ茶のような濃い色に反応する光が用いられるので、ムダ毛の毛根は勿論、黒子(ホクロ)やタトゥーにも反応します。しかしながら、仕組みは同じであっても家庭用の光脱毛器では永久脱毛にまでは至らないと言われています。

その理由は家庭用の光脱毛器と脱毛サロンの光脱毛器では光の出力の大きさが異なるからなのです。光の出力が大きければ、それだけムダ毛への反応感度も高くはなります。そして、それに比例して痛みも強く感じる傾向があります。

例えば、医療脱毛では脱毛サロン以上に光の出力を大きくして施術できますから、効果があっても痛みや赤みを感じるなどお肌への負担も懸念する方もいます。個人差もあるかと思いますが、私が実際に皮膚科で医療脱毛をした当日は、施術中から施術後も強い痛みや赤みを感じました。

家庭用の光脱毛器の場合は、こういった医療機器ではないので永久脱毛効果は基本的にないものとしてパンフレットや公式HPでも紹介があります。その為、あくまで脱毛ができる機器として認識しておきましょう。

光脱毛だと何故ムダ毛が目立たなくなるの?

家庭用の光脱毛器の場合は永久脱毛効果は基本的にないということで「それなら何故、ムダ毛が目立たなくなるの?」と疑問を持たれる方もいるかと思います。その理由ですがまず一つ目に毛周期と深い関係があります。

毛周期とは毛が生えて、成長して、抜けるまでのサイクルのことを示します。

  • 皮膚下にある毛乳頭から毛が伸び始める「成長初期」
  • 目には見えなくとも皮膚の下で毛が成長しつつある「成長期」
  • 皮膚の上で毛の成長が解る「成長後期」
  • 成長が止まり、自然に抜けるまでの期間を「退行期」
  • 毛の成長が休止している「休止期」

この毛周期のサイクルを考えると、光脱毛器は黒〜こげ茶の濃い色に反応するので、成長初期や休止期の毛には効果がないことが解ります。

成長期段階の毛を光脱毛で自己処理したタイミングと、この休止期のタイミングが合わさることでムダ毛が目立たなくなったように感じるという声が多いようです。

ちなみにこれがカミソリやシェーバーの使用だと皮膚下にあるムダ毛がすぐに伸びてきますが、光脱毛器の使用時は一定の長さであれば皮膚下にあるムダ毛にも効果が期待できるので伸びも遅く感じます。

ソイエなどのドライ脱毛器といったタイプの機種を使用する場合でも、この毛周期のタイミングについては知っておいて損はありませんね。

除毛と比べて光脱毛の方が毛が細くなったと感じる理由とは

もう一つ、ムダ毛が目立たなくなる理由ですが、皆さんはムダ毛を剃ると毛が濃くなるという話を耳にしたことはありませんか?これは、ムダ毛を剃ることで根元の太い毛がそのまま表面に出てくることで毛が濃く見えることが理由だと言われています。

光脱毛器の使用前も、カミソリやシェーバーなどで自己処理をしますが、その後にフラッシュでムダ毛にダメージを与えることでするんと数日後に抜けます。その為、新しい毛が伸びてきたとしても毛が濃くなったように感じるということがないのです。

ただし、家庭用の光脱毛器は脱毛サロンの光脱毛器と比べて光の出力の大きさが低い為、アンダーヘアなど毛が太い部位に関しては他の部位よりも効果がすぐに実感しにくい可能性もあります。

光脱毛器の仕組みと合わせてこのような毛の構造なども知っておくと、効率的なムダ毛ケアにつながります。

例えば、毛抜きやパナソニックのドライ脱毛器であっても毛を毛根から引き抜いたりすることもあるので、その考えでいけば毛は細くなると考える方もいるかと思います。

しかしながら光脱毛のように皮膚下の毛にアプローチする力まではないので、光脱毛と根気よく一本ずつムダ毛を抜いていくのとでは毛が生えるスピードで差がつきます。

しっかりムダ毛ケアしたいなら出力の大きいものがベスト?

光の出力が大きければ、それだけムダ毛への反応感度も高くなります。その為、ムダ毛が濃いなどのコンプレックスがある方にとっては特に光の出力が大きい光脱毛器の購入を検討されることかと思います。

実際、ケノンやトリアなど光の出力が大きい光脱毛器は口コミでも人気が高い様子が見受けられます。また、家電販売店の方のお話では男性のヒゲの脱毛ができる機器は出力が大きい傾向にあるので濃いムダ毛を気にされる方もチェックされるのだそうです。

しかしながら、医療脱毛のくだりでも触れたように光の出力が大きいということは効果もある分、照射時に痛みを感じるケースもそれなりにあります。よく脱毛サロンやクリニック、エステサロンなどでゴムが当たったような痛みと表現されていますが一概にそうとも言えません。

確かに毛が薄い箇所に関しては一瞬、熱いと感じるくらいです。ノーノーヘアでいうなら熱した鉄線がちょっと熱かったというような、問題なく我慢できるレベルの痛みで済みます。

それがデリケートゾーンなどの太い毛の場合は、毛抜きでびっと抜かれたような痛みを感じたというケースや思っていた以上に熱さと痛みも感じたなどの口コミや体験談もあります。

回数を重ねて徐々に毛の太さが変わったり毛の伸びるスピードが変わって処理本数が減るにつれて、痛みも軽減はされていきます。しかし、どうしても痛みに耐えられそうにないと思う場合、購入して使わなくなってしまったというのも勿体ないのでこの点はじっくり考えて決めるのがおすすめです。

光脱毛器は一度購入すればずっと使用できるの?

その答えはメーカーにより正解で、不正解でもあります。何故かというと家庭用の光脱毛器は照射回数の寿命が決まっていたり、バッテリーの寿命があるので半永久的に使用はできないものがほとんどです。

その為、寿命がきた場合はカートリッジなりバッテリーなりの交換をしていく必要があります。また、メーカーによっては本体の交換が必要となるものもあるようです。

高額な費用を出して購入するのに、使用回数の制限があると残念に思う方もいるかもしれませんがその寿命もメーカーによって様々です。中には結果が出るよりも先にカートリッジなどの寿命がきてしまうものもあるので、コスパが悪いと感じてしまうこともあるかもしれません。

そういったことを防ぐには、毛が太い箇所の脱毛を考えている方と脱毛する部位が多い方は多少お値段が高くても長く使用できるものを購入するほうが比較的おすすめです。毛が太い分、効果を実感するまでに回数がかかるという点や脱毛する箇所が多い分、照射回数も多くなることを考えるとその方が長い目で見た時に良いかと思います。

毛抜きやドライ脱毛器と比べると消耗品であることは否めませんが、光脱毛器にはそれ以上の効果やメリットがあるのです。

光脱毛器が一つあれば全身脱毛ができるの?

光脱毛器はフェイシャルからワキ、腕、脚など様々な部位が脱毛できる点も魅力の一つです。そこで全身脱毛ができると考える方もいますが、実は落とし穴もあります。

まずデリケートゾーンの脱毛についてはほとんどがVラインのみの脱毛しかできず、脱毛サロンのようにIラインやOラインの脱毛はできないものがあります。

説明にない場合でも問い合わせをすると、安全性を考慮して使用は控えることをおすすめする回答もあるようなので自己判断での処理は控えた方が良さそうです。

そして一人暮らしの方の場合ですが、背中など自分の届かない範囲に関しても考える必要があります。実際には背中なども照射ができないわけではないのです。

ただし、鏡を見ながら処理をするのも難しい箇所ですし、処理をした後の冷却などの自己処理も難しいですよね。その為、自分での処理が難しい場所は処理を諦めるか、友人や家族などにサポートしてもらうのがベストです。

できることなら、うっかり黒子などに照射してしまったなどのトラブルを防ぐ為にも友人や家族などにサポートしてもらう方が安心だと思います。また、その方が自分では見落としてしまうようなムダ毛でも第三者の視点で気づいてくれることもあります。

ムダ毛処理前の状態を見せるのは抵抗があるかもしれませんが、後処理以外にも事前にシェーバーやカミソリなどで処理をしておく必要があるので、そちらも任せた方が綺麗に処理をしてもらえます。今後発売される光脱毛器には是非ともこの点も改善していってほしいですね。

一つでも光脱毛器への疑問があれば必ず確認使用

光脱毛器の口コミなどを読むとその効果の高さや便利さ、満足度から欲しくなる気持ちがすごく解ります。しかし、しっかりと情報をリサーチしてから購入しないとせっかく高いお金を支払ったのに、満足度がイマイチだったということもありえるのです。

中には一定期間で返品を受け付けてくれるサービスもありますが、脱毛してすぐに効果を実感できるものでもないので、返品するかどうか考えている間に返品期間が過ぎてしまったなんてこともありえます。

返品期間もそこまで短いわけではないのですが、光脱毛は様子を見る必要もあるのでこういったこともないとは言い切れないのです。

その為、まずは光脱毛器でできることとできないことについてしっかりと調査してみましょう。あくまで今回紹介した内容は一例なので、他にも光脱毛器の持つ光美容器としての効果や脱毛サロンと比較した場合のコスト計算など、たくさん疑問は出てくるはずです。

もし友人にお持ちの方がいたら試しにどのくらいの痛みか実際に体験させてもらうのも良いと思いますし、中には家電量販店でもテストさせてくれる場合もあります。効果を知るまでには至らなくとも、どれくらい手軽に脱毛できるかなどの体験もできるので機会があればおすすめです。

光脱毛は効果が実感できるまでに長期的な目で見る必要もあるので、早い段階で調査を始めて損はありません。メーカーでも随時キャンペーンを行っている場合もあるので、ご自身にとってぴったりな光脱毛器を一番ベストなタイミングで購入できると良いですね。

関連記事