光脱毛は照射時のちょっとした痛みを我慢さえすれば、するっと毛が抜け落ちるのでドライ脱毛器のようにムダ毛を引き抜く痛みから解放されるのがメリットの一つと言えます。

例えば、シャワーなどで体を洗い流しているだけでもするっと抜けるので、気づかない間に毛が減ったような感想を持つ方の体験談も多く見かけますね。

例えば有名なケノンを使用された方で身体の中でも口周りや腕などの薄い毛が生えている箇所に関しては、2週間ほどで毛が薄くなったと実感する方もいるようです。

個人差はあるかもしれませんが、毛周期のタイミングも考えて脱毛していけばしっかり効果が実感できそうですね。

一方、光脱毛は黒などの濃い色にフラッシュが反応してムダ毛を処理する仕組みなので、ムダ毛があまりにも薄くなってくると効果が前よりも実感できなくなったという口コミもありました。機械によってはこういうケースもあるようです。

家庭用の光脱毛器に関しては、ミュゼなどの脱毛とサロンと違い永久脱毛ではないので確かにムダ毛がまた生えてくることもありますし、上記のように毛の細さで効果が変わってくるのかもしれません。

しかし、光脱毛器でも反応しないような細い毛に生まれ変わるのであれば、自己処理の負担を考えると女性にとっては優秀な脱毛器と言えるのではないでしょうか。

ムダ毛が薄い箇所の脱毛結果に関しては甲乙付けがたい

ミュゼのSSC(スムーススキンコントロール)脱毛や銀座カラーのIPL(インテンスパルスライト)脱毛のように、脱毛サロンやエステサロンでは光脱毛といっても様々種類が展開されています。その為、光脱毛の種類によっては痛みの度合いや効果が、毛の太さなどで変わってくるとも言われています。

個人的な感想としては、手の甲や腕などの細い毛の脱毛をしてみたところ、気づいたらいつの間にか抜けていたという感想が正しいかもしれません。その為、正確な日数を明記するのが難しいのですが脱毛をしてから数日以内にはこの変化に気付きます。

業務用でも家庭用でも光脱毛器は、ドライ脱毛器や毛抜きと比べて即効性はないものの薄い毛の部位であれば一週間以内には変化に気づく方も多いのではないでしょうか。

業務用の光脱毛では永久脱毛ができて家庭用の光脱毛器では永久脱毛の効果はないというのが定説ですが、それでも毛がさらに薄くなったり、伸びるスピードが遅くなったりするので家庭用の光脱毛器も決して負けていないのではないかと思うところです。

その為、業務用の光脱毛と家庭用の光脱毛器で、毛が薄い箇所の脱毛をした際に効果が出るタイミングはそこまで大きな差はないのかもしれません。

毛が太い箇所はツルツルになるまでかなり時間がかかる

では、次にアンダーヘアなど一般的に毛が太い箇所の脱毛をした場合についても比較してみましょう。機種にもよりますが、やはり毛が太いだけあり一回や二回では効果が実感できないとの声が多いようです。

早い方で三回目の照射後あたりから一部の毛が細くなったように感じるという方もいました。期間で言うならば、だいたい一ヶ月前後から効果が実感できたというところでしょうか。

それでも一部ということを考えると家庭用の光脱毛器でアンダーヘアのお手入れをする場合、回数がかなりかかるようなので根気よく継続する必要がありますね。

ちなみにデリケートゾーンのお手入れに関しては家庭用の光脱毛器の場合、対応している機種とそうでない機種があるので購入前に事前に確認が必要です。ケノンと同じく人気の高いトリアもですが、対応しているのはVラインのみなど照射範囲を限定しているものもあります。

これはデリケートゾーンだけに言えることではないのですが、家庭用の光脱毛器の場合は同様にフェイシャル対応のものもあればそうでないものなどメーカーにより様々です。せっかく購入するなら全身脱毛ができるような機種の方が良いですが、機能が良くなればその分価格も上がる傾向もあるので悩みどころですね。

脱毛サロンで太い毛の処理をして解ったこと

脱毛サロンなら家庭用の光脱毛器よりも、効果を実感するまでのタイミングも早いのでは?と考える方もいるかと思いますが、一概にもそうは言えませんでした。いくつか例にしてご紹介しますが、アンダーヘアに関していえば本当に徐々に抜けるという感想です。

一回目が数十本ほどとして、二回目も同じくらい、三回目から以前よりも抜ける本数が増えたように感じますがやはり数十本ほどには変わりありません。毛周期のタイミングもあるので仕方ないのかもしれませんが、ものすごく抜けるイメージを持って期待しているとう少し物足りないという感想になるかもしれません。

その為、脱毛ではなく除毛にはなってしまいますが時と場合によってはシェーバーを使用したほうが時短もできますし、お手軽に感じる方もいるかと思います。

またワキも個人差はありますが、毛が太めの方の場合は半分くらいの毛量になるまでに一年以上かかることも珍しくありません。脱毛サロンでは次回の施術までに期間を空けなければいけないので、どうしても長期スパンになってしまうのです。

また、希望のタイミングで予約が取れず次回に繰り越しになってしまったり、生理などやむを得ない事情で延期になる場合もあります。そういったことを考えると自由なタイミングで脱毛できる家庭用の光脱毛器の方が効果を実感するタイミングは早いのかもしれませんね。

合わせて比べてみたいコストの面

家庭用光脱毛器を使用して、ムダ毛が薄い箇所と濃い箇所。そして、脱毛サロンでムダ毛が薄い箇所と濃い箇所の施術をした際を比較すると、ムダ毛が薄い箇所に関して効果を実感するタイミングは双方ともにそこまで大差はないようです。

ただし、ムダ毛が濃い箇所に関しては家庭用の光脱毛器を使用する方が、自分のペースで脱毛を進められるので効果を実感するタイミングが早いように思えます。そこで「時は金なり」という言葉がありますから、費用の面でも同じように家庭用の光脱毛器に軍配があがるのかまとめてみました。

家庭用の光脱毛器は概ね、本体が五万円前後くらいのものが多いようです。それに加えて、メーカーによってはカートリッジ交換が必要な場合もあるので、本体購入以降も費用がかかることが前提となります。

そう考えると、家庭用の光脱毛器は費用がかさむイメージを持つかもしれませんが、例えばブラウンから販売されている「シルクエキスパート」という光脱毛器は部分脱毛の場合は約14年間照射できることをパンフレットにも参考として明記しています。

実際に約14年、部分のみに使用することはないとしても長期間使用できることが解ります。また、使用頻度は個人差もありますから多少はこの年数も前後するはずです。

ちなみにシルクエキスパートを全身使用とした場合は約6年間の使用目安ということもパンフレットに明記されています。使用する範囲や機種によってカートリッジ(もしくはランプ)の寿命は異なるので、色々と比較してみると良いかと思います。

費用が高い回数無制限コースがお得に感じる理由とは?

ここでは私の脱毛サロン体験を例にしてコスト計算をしてみたいと思います。脱毛サロンでは大きく分けて「回数制限コース」「回数無制限コース」「月額制コース」とあります。

まず回数制限コースですが、一定金額をお支払いして4〜6回など指定回数の脱毛が受けれるメジャーなコースです。
概ね数万円から十万円前後の金額設定の脱毛サロンが多いです。

私も過去に回数制限コースの契約をしたことがありますが、ムダ毛が濃い箇所の場合は6回どころか倍の12回でもツルツルにはなりません。その為、少なくともここで十万円近くの金額を使用していることになります。

例えばムダ毛が薄い部位に関しては回数制限コースの利用もありかもしれませんが、色々な部位の脱毛を考えているのであれば勿体無い気もします。

そして次に「回数無制限コース」はその名の通り、一定金額をお支払いして以降は年数に関係なく何度でも脱毛を受けることができます。費用は二十万円台からとかなり高額な部類ですが、キャンペーン期間や友人紹介の特典などで多少金額は変わってくるかと思われます。

最後に月額制コースですが、こちらは毎月一定金額をお支払いして自分が満足するまで脱毛するというコースです。
こちらもムダ毛が細い方などにとっては良いかもしれませんが、剛毛のような毛の脱毛も考えている方にとっては長期で通うことになるので見極めが必要ですね。

この3つを比較すると、最初の金額負担は大きいですが回数無制限コースが一番安定していると言えるかと思います。それでは、改めて家庭用の光脱毛器と脱毛サロンの回数無制限コースでコスト面の比較も合わせて見てみましょう。

家庭用の光脱毛器の弱みは消耗品であるということ

家庭用の光脱毛器ですが、多くが基本的に消耗品であるという点は否めません。その為、細い毛の処理だけに使いたいという方やワキや腕といった部分脱毛に使いたい方にはコスパも良いのではないかと感じます。

逆に全身脱毛をしたいという方やアンダーヘアなどの太い毛の脱毛をしたい方にとっては、長期的な脱毛になるので脱毛サロンなどでの回数無制限コースが最終的にはマイナスが出ないこともあるかと思います。

これは私の失敗談ですが、当初は回数制限コースで契約していて回数が足りずに結果、回数無制限コースの契約をしたので脱毛にかかった総合的な費用は割と高額になってしまいました。高い買い物ではありましたが、カミソリ負けなどの肌トラブルを起こしていた頃のことを考えるととても自己処理は楽になっています。

脱毛する際は早く効果が出て欲しい気持ちはとてもよく解ります。だからといって、勢いや値段だけで脱毛器を決めてしまうと後々、長期的な脱毛のことを考えた際に後悔に繋がってしまう可能性もあるのです。

そういったことにならない為にも、家庭用の光脱毛器と脱毛サロンでの光脱毛で考えている方はこういった点も参考にしてみてはいかがでしょうか。せっかくお金をかけて脱毛するのですから、満足のいく結果が出せるように関連記事